乗馬における歩様とは何か?【3つの歩様】

歩様 乗馬



3つの歩様

馬の歩き方のことを、歩様または歩法といいます。

あなたは馬の歩様をいくつご存じですか?

馬の歩様は以下の4種類です。

馬の歩様

  • 常歩
  • 速歩
  • 駈歩
  • 襲歩

襲歩は競馬などで見られるダッシュのことですが、馬術の世界では使われません。

馬術で使われるのは、常歩・速歩・駈歩の3種類です。

この3種類の歩様をベースに運動をしていきます。

この記事では、3つの歩様をそれぞれ紹介いたします!



3つの歩様の違い

3つの歩様の違いは主に以下の5つです。

  • 速度
  • 馬の肢の出し方
  • 対称性
  • リズム
  • 手前の有無

これらの観点から各歩様の違いを解説いたします。

手前については、こちらの記事で詳しく解説しています。

常歩

walk

常歩は、最も基本的な歩様です。

人間の動きに例えるならばウォーキングです。

速歩や駈歩に比べ、ゆっくりとリラックスした動きに感じられるでしょう。

馬の肢がそれぞれ独立し、4拍子のリズムです。

馬が左右対称に動くため、手前はありません

常歩の詳しい解説はこちらから。

速歩

trot

常歩をウォーキングとするならば、速歩はランニングです。

左前肢と右後肢や、右前肢と左後肢など、斜め同士の肢のペアを斜対肢といいます。

速歩では、斜対肢が同時に動き2拍子のリズムです。
*側対肢が同時に動く速歩も古馬術には存在する

左右対称に動くため、馬にとっての手前はありません

馬の負担を減らすように乗る速歩を軽速歩といいます。

軽速歩では、馬の肢の運びに合わせて、「立つ」「座る」を繰り返します。

左右のどちらか一方のみで座っていては、片方だけが負担になるため、馬場上での手前によって、立つタイミングが決まっています。

そのため、軽速歩において、馬にとっての手前はありませんが、騎手にとっては手前があるといえるでしょう。

速歩の詳しい解説はこちらから。

駈歩

canter

よく馬の足音がパカラッパカラッと表現されますが、これは駈歩の足音です。

3種類の中では最も速度のある歩様です。

常歩や速歩とは違い、駈歩は左右非対称な運動です。

そのため、馬の動きに手前があります

どちらか一方の斜対肢が同時に動き3拍子のリズムです。

左手前駈歩の場合、左前肢が前に出て動き、運歩は以下の通りです

1歩目:右後肢
2歩目:右斜対肢(右前肢&左後肢)
3歩目:左前肢

駈歩の詳しい解説はこちらから。

まとめ

常歩速歩駈歩
速度の順
馬の肢の出し方それぞれが独立して動く各斜対肢が同時に動くどちらかの斜対肢のみが同時に動く
対称性左右対称左右対称左右非対称
リズム4拍子2拍子3拍子
手前
(軽速歩の場合、騎手は有)